日テレNEWS
国際
2020年8月14日 12:43

「Wi-Fi接続のため陸に…」貨物船座礁

インド洋のモーリシャス沖で海運大手・商船三井が運航する貨物船から燃料の油が流出した事故で、地元メディアは13日、乗組員が「船はWi-Fiに接続するために陸に近づいた」と話していると伝えました。

商船三井が運航する貨物船「WAKASHIO」は先月25日にモーリシャス沖で座礁し、その後、燃料の油が流出しました。

地元メディアによりますと、複数の乗組員が捜査当局に対し、「Wi-Fiに接続するために船が陸に近づいた」と説明しているということです。さらに、事故が起きた日に、「船内で乗組員の誕生日パーティーが開かれていた」と話しているということで、こうした行動が事故の原因となった可能性もあります。

モーリシャス政府は環境非常事態宣言を出し、対応にあたっているほか、日本など各国の援助隊が現地に入り支援を行っています。