日テレNEWS
国際
2020年12月16日 21:50

韓国法相が辞意表明 文大統領“混乱”謝罪

韓国で検事総長と対立していた法相が16日、辞意を表明しました。一方、文大統領は検事総長を停職処分とする議決を承認した上で、一連の混乱を謝罪しました。

韓国の尹錫悦検事総長をめぐっては16日未明、法務省の懲戒委員会が停職2か月の処分を議決しました。懲戒を請求していた秋美愛法相は、夕方、文大統領に議決内容を報告。そのまま承認され、尹総長の職務は停止されました。これと同時に、秋法相は文大統領に対し辞意を表明しました。

文大統領は「国民に非常に申し訳ない」と謝罪した上で、「混乱を一段落させ、法務省と検察の新たな出発を期待する」と述べたということです。

法相と検察の対立による混乱で支持率が過去最低まで落ち込む中、両者の“痛み分け”で事態の早期幕引きを図りたいものとみられます。一方、尹総長側は「秋法相の辞意表明と関係なく停職の取り消しを求めて訴訟を進める」としていて、混乱はなおも続きそうです。