×

金正恩総書記「より多くの肉と卵が行き届くようにすべき」養鶏場を視察

2024年1月8日 9:47
金正恩総書記「より多くの肉と卵が行き届くようにすべき」養鶏場を視察

北朝鮮の金正恩総書記は、新たに建設された養鶏場を視察し「より多くの肉と卵が人々に行き届くようにすべきだ」と強調しました。

北朝鮮メディアは、金正恩総書記が新たに建設されたとする養鶏場を7日、視察したと報じました。

視察にはジュエ氏とみられる娘も同行し、公開された写真では金総書記が笑顔で卵を手に取る姿も確認できます。この養鶏場は金総書記が自ら建設を発案したということで、工場の近代化された様子に満足したと伝えられています。

また、金総書記は生産と経営計画を綿密に立てるよう指示した上で、「生産能力を向上させることで、より多くの肉と卵が人々に行き届くようにすべきだ」と強調しました。

北朝鮮としては深刻な食料不足が指摘される中、住民の生活に寄り添う姿勢を示す狙いがあるものとみられます。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • 金正恩総書記「より多くの肉と卵が行き届くようにすべき」養鶏場を視察