日テレNEWS
国際
2021年5月8日 12:19

イギリス 海外旅行を条件付きで解禁へ

イギリス政府は7日、新型コロナウイルスの感染状況が大きく改善していることをうけ、海外旅行を条件付きで解禁すると発表しました。

イギリスでは、今月17日から渡航先を感染リスクに応じて3つのカテゴリーに分ける「信号機システム」が導入され、海外旅行が可能になります。

最も安全な「緑」には、人口のおよそ6割がワクチンの接種を完了したイスラエルのほか、感染状況が落ち着いているポルトガルなど、12の国と地域が入り、帰国後の隔離措置が免除されます。ただ、イギリスに帰国する前に新型ウイルスの検査を受ける水際対策は継続されます。

一方、「黄色」や「赤」に指定された国への渡航は引き続き控えるよう求められ、帰国後には隔離措置が必要となります。

ワクチンの接種が進むヨーロッパなどでは感染状況が改善する国も出てきていて、イギリス政府は、夏のバカンスシーズンまでにはさらに多くの地域への旅行が可能になると見込んでいます。