日テレNEWS
国際
2022年5月20日 10:53

米CDC ファイザー追加接種“5歳以上に拡大”推奨する勧告

アメリカのCDC(=疾病対策センター)は19日、ファイザーの新型コロナウイルスワクチンの追加接種の対象を、5歳以上に拡大することを推奨する勧告を出しました。

CDCは19日、専門家らによる諮問委員会を開き、12歳以上を対象としていたファイザーの新型ウイルスワクチンの追加接種について、5歳から11歳を加えるかの協議を行いました。

その結果、2回目の接種から5か月以上が経過した5歳以上に追加接種を推奨することが決まりました。これを受け、CDCも接種を推奨する勧告を出しました。

アメリカでは再び感染が拡大し、新規感染者が7日間平均で1日あたりおよそ10万人にのぼっています。