日テレNEWS
国際
2021年8月28日 14:03

アップル“アプリ決済”外部も通知可能に

アメリカのIT大手アップルは26日、アプリの有料課金をめぐり、アップルの決済システム以外の支払い方法をアプリ開発会社が利用者に通知できるようルールを緩和すると発表しました。

アップルは26日、iPhone向けアプリの有料課金に関して、アプリの開発会社が利用者にメールなどを通じて、アップルの決済システム以外の支払い方法を通知できるようにすると発表しました。

これまでは、開発会社独自の課金方法などがあっても、その方法を利用者に通知することを禁じていて、多くの利用者は15~30%の手数料がかかるアップルの決済システムを通じて支払っていました。今後、開発会社は手数料のかからない課金方法などを利用者に通知できるようになり、サービスの向上につながることが期待されます。

今回のルールの緩和は、年間の売り上げがおよそ1億1000万円未満の開発会社が提供するアプリが対象だということです。