日テレNEWS
国際
2021年10月8日 18:08

ノーベル平和賞 比ジャーナリストら2人に

今年のノーベル平和賞の受賞者が発表され、フィリピン出身のジャーナリスト、マリア・レッサ氏と、ロシアの有名な独立系新聞ノバヤ・ガゼータの創設者の一人であり、24年にわたって編集長をつとめたドミトリー・ムラトフ氏が選ばれました。

選考にあたったノルウェーのノーベル委員会は、民主主義と永続的平和の前提である、表現の自由を守る努力を受賞理由として挙げています。

マリア・レッサ氏は、フィリピンの暴力と独裁主義をあばくために調査報道のためのデジタルメディアを立ち上げました。

ドミトリー・ムラトフ氏が24年にわたって編集長をつとめたロシアの独立系新聞ノバヤ・ガゼータは、汚職・警察による暴力不当な逮捕など告発してきました。