日テレNEWS
国際
2021年12月2日 20:36

“オミクロン株”影響でビザ下りず… 韓国

“オミクロン株”影響でビザ下りず… 韓国
(c)NNN

韓国でもオミクロン株の影響が広がっています。去年、東京での就職が決まった後、感染拡大のためビザが取得できず、来日が延期になっていた男性。11月に日本での入国制限が緩和されたタイミングで来日する予定でしたが、水際対策が再び強化され、未だ、来日できていません。

   ◇

新規感染者が再び5000人を超え、2日連続で過去最多を更新した韓国。(新規感染者 5266人 韓国・保健当局 2日)

12月1日に5人がオミクロン株に感染したことが確認されています。

オミクロン株の影響が広がっています。東京に本社があるIT企業の、ソウルの事務所にいる男性も影響を受けた1人です。

「日本キスコ」に内定 金叡成さん(25)
「もともとは今年の1月、2月から日本で働くはずだったんですが、(入国)制限のせいで、まだ韓国で1人で勉強してるって感じです」

去年、東京での就職が決まりましたが、新型コロナの感染拡大のためビザが取得できず、来日が延期になりました。その後、11月に日本での入国制限が緩和されたタイミングで来日する予定だったといいますが…

金叡成さん(25)
「日本に行く準備をしたんですが、つい最近、“新しいコロナ”のあれで」

オミクロン株の影響で水際対策が再び強化され、結局およそ1年間来日できず、入社もできていないといいます。

金叡成さん(25)
「早く日本に行って働きたいという気持ちが一番大きいです」

ビザが発給できるようになるまで、アルバイトや業務に必要なプログラミングを勉強して待つということです。

ソウルの事務所の担当者は…

「日本キスコ」ソウル事務所 全秀賢さん
「今年の頭から6人が(韓国で)待機状態で、人材不足になると日本の本社では予測しています」

今後、日本での業務に支障が出る可能性もあるということです。