×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ポーランドの式典に出席…ロシア大使の顔面に赤ペンキ 「反戦」訴えるデモ隊が抗議

ポーランドの式典に出席…ロシア大使の顔面に赤ペンキ 「反戦」訴えるデモ隊が抗議

2022年5月10日 19:26

9日に行われた戦勝記念日の演説で、軍事侵攻を改めて正当化したロシアのプーチン大統領に批判が相次いでいます。また、ウクライナ・マリウポリで今月11日に、ロシア軍がウクライナの部隊が残る製鉄所に対し、化学兵器を使用するとの情報があることが分かりました。

   ◇

ロシアの「戦勝記念日」当日、ポーランドでデモ隊に囲まれたのは、ロシアの大使です。大使は、ポーランドで行われた、第二次世界大戦終結を記念した式典に出席していましたが、突然、顔面に赤いペンキをかけられました。「反戦」を訴えるデモ隊が抗議を行ったのです。

ロシアプーチン大統領
「ロシアは敵対行為に対して先手を打ったのだ。やむを得ず、今やらなければならない、唯一の正しい決定だった」

9日の「戦勝記念日」で、ウクライナへの軍事侵攻を正当化したプーチン大統領。ロシアが制圧を宣言した、ウクライナ南東部のマリウポリでは、記念日を祝うセレモニーなどが“ロシア主導”で行われる中、戦闘員が残るアゾフスタリ製鉄所に、攻撃が行われました。

さらに、マリウポリ市議会の副議長は、「(私の情報によると)ロシア軍が、アゾフスタリへの大規模な化学攻撃を準備している」とSNSで発信し、11日にロシア軍が化学兵器を使った攻撃を計画しているとした上で、市民に外出しないよう注意を呼びかけていました。

   ◇

ウクライナ南部のオデーサでは、複数の建物にミサイルが撃ち込まれました。

実はオデーサには9日、EU(=ヨーロッパ連合)のミシェル大統領が訪問していました。攻撃は、ウクライナのシュミハリ首相との会談中だったため、2人は急きょシェルターに避難し、会談を続けたということです。

このタイミングでの攻撃にゼレンスキー大統領は、「これがロシアのヨーロッパに対する本当の態度です」とSNSで語りました。

   ◇

そして、9日のプーチン大統領の演説に対しては、欧米諸国から批判の声があがりました。

アメリカ サキ報道官
「歴史を修正しようとしている。不当な戦争を正当化するためだと言わざるを得ない」

イギリス ウォレス国防相
「プーチン大統領らに、ウクライナでの戦勝記念日はやってこない。あるのは敗北と不名誉だけ」

   ◇

長期化するおそれがあるロシアとウクライナの戦闘。取材班が向かったのは、ロシアが撤退してから約1か月がたった街、多くの民間人の遺体が見つかったウクライナ・キーウ近郊のブチャです。町ではようやく市場が再開し、避難していた住民も徐々に戻り始め、生活の立て直しにむけて歩み始めていました。

ブチャ市民
「みんな恐怖を感じながら戻っています。多くの人が痛みを感じています」

ブチャでの虐殺は人々の心に深い傷を残しました。ロシア軍に占領された住宅街へ向かうと、今もその爪痕が残されていました。

「ロシア兵によって荒らされた家は、ようやく片付けが終わったと」というルドミラさんに話を聞きました。

ルドミラさん
「あそこの壊された家、彼らは家から追い出され殺されたんです」

ルドミラさんは、一家6人でブチャから避難していましたが、残った近隣住民は、惨殺されたというのです。

ルドミラさん
「わたしはこのすべてを絶対に忘れることはできません」

「再建」が進められる中でも、ロシア軍による「破壊」は続いています。