×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • ロシアの攻撃で大やけど…ウクライナの少年、手術30回以上受け小学校に復帰

ロシアの攻撃で大やけど…ウクライナの少年、手術30回以上受け小学校に復帰

2023年12月6日 18:45

ロシアによる攻撃で大やけどを負ったウクライナの少年が30回以上の手術をへて小学校に復帰しました。戦時下での日常を取り戻そうと奮闘しています。

ウクライナ西部リビウの小学校で授業を受けるロマン・オレクシウ君、8歳。顔全体を覆うマスクからはやけどの痕が見えます。

ロイター通信によりますと、オレクシウ君は去年7月、ウクライナ中部のビンニツァでロシア軍の砲弾の破片が直撃して、体全体の4割をやけどするなど大けがをしました。一緒にいた母親は死亡したということです。

オレクシウ君はその後、やけどを治療するためドイツの病院に移り、31回にのぼる手術を受けて回復しました。

ウクライナに戻って再び小学校に通い始めると、今月、ダンス大会にも参加し、軽やかなステップを披露してパートナーの女の子と共に表彰されました。

オレクシウ君の治療は今後も続きますが、父親は、「すべてが息子にとってうまくいくよう願っている」と話しています。