×

中国 台湾総統と米下院議長の会談に強く反発「ひどく間違ったシグナルを送る行為」 対抗措置も辞さない考え強調

2023年4月6日 17:41
中国 台湾総統と米下院議長の会談に強く反発「ひどく間違ったシグナルを送る行為」 対抗措置も辞さない考え強調

台湾の蔡英文総統は5日、アメリカのロサンゼルス郊外でマッカーシー下院議長らと会談を行い、連携を強めることを確認しました。

蔡総統は5日、アメリカのマッカーシー下院議長をはじめとした超党派の議員団と会談しました。台湾の総統が、アメリカ国内で副大統領に次ぐ要職である下院議長と会談するのは初めてです。

台湾・蔡英文総統「我々が築き上げた平和と民主主義が、かつてないほどの困難に直面している。アメリカが共に立ち向かうことに感謝します」

アメリカ・マッカーシー下院議長「(台湾とアメリカの友情は)自由、平和、地域の安定を維持するために不可欠だ」

双方は圧力を強める中国を念頭に、安全保障と経済面での連携強化を確認しました。

会場前では会談を歓迎する人たちと、抗議する人たちが取っ組み合いになる場面も見られました。

一方、これを受けて中国外務省の報道官は、会見で「台湾の独立をたくらむ勢力に、ひどく間違ったシグナルを送る行為だ」と強く反発しました。その上で、対抗措置も辞さない考えを改めて強調しました。

こうした中、中国当局は5日、台湾海峡で「特別な巡航パトロール」を始めたと発表しました。台湾籍のものも含めた貨物船などに対し検査を行うもので、台湾側は抗議を表明しています。

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • 中国 台湾総統と米下院議長の会談に強く反発「ひどく間違ったシグナルを送る行為」 対抗措置も辞さない考え強調