日テレNEWS
政治
2013年3月6日 16:52

TPP交渉参加めぐり、自民対策委が初会合

TPP交渉参加めぐり、自民対策委が初会合
(c)NNN

 TPP(=環太平洋経済連携協定)への交渉参加問題で、自民党は6日、対策委員会の初会合を開いた。早急に党としての考え方をまとめることにしている。

 6日に開かれた初会合には、100人以上の国会議員が出席した。出席者からは「交渉に参加した場合、国益を守る力が日本にあるのか。交渉離脱の選択肢があるのか」などの発言が出る一方、「一枚岩にならないと、交渉が始まった時も成果を勝ち取ることができない」といった指摘も出された。その上で、委員会は今後、農業や自動車などについて、5つのグループに分けて検討していくことになった。

 TPP交渉への参加について、安倍首相は来週にも正式に表明する考え。これについて、西川公也委員長は「政府と党の考え方が違ってはいけない。政府がいつ表明しても間に合うよう努力していく」と述べ、なるべく早く党の考え方を取りまとめる姿勢を強調した。