日テレNEWS
政治
2014年10月9日 19:29

産経前支局長の在宅起訴 極めて遺憾~政府

産経前支局長の在宅起訴 極めて遺憾~政府
(c)NNN

 韓国・朴槿恵大統領の名誉を傷つけたとして韓国の検察当局が産経新聞の加藤達也前ソウル支局長を在宅起訴した問題で、日本政府は9日、韓国側に対し、「極めて遺憾であり事態を深く憂慮している」と申し入れた。

 外務省の伊原アジア大洋州局長は9日午後、韓国の金元辰公使を呼び、「報道の自由、日韓関係の観点から極めて遺憾であり、事態を深く憂慮している」と申し入れた。これに対し、金公使は「本国に伝える」と述べたという。

 また、菅官房長官は9日午後の会見で、「報道の自由や表現の自由は極めて重要な問題だ」と指摘し、韓国側を批判した。

 菅官房長官「民主国家としてはあるまじき行為であると考えている」

 一方で、今後、起訴の取り下げを求めていくかについて、「韓国の内政干渉になる部分については控えるべきは控える」と否定的な考えを示した。