×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • LGBT法案“G7広島サミットまでに成立目指す”超党派議連が役員会 自民・稲田氏「日本が多様性を重視する国と発信を」

LGBT法案“G7広島サミットまでに成立目指す”超党派議連が役員会 自民・稲田氏「日本が多様性を重視する国と発信を」

2023年2月8日 22:23

LGBT・性的マイノリティーの人たちへの理解を促進するための法案をめぐり、超党派の議員連盟が役員会を開きました。役員会では、今年5月のG7広島サミットまでに法案の成立を目指すことを確認しました。

自民党・稲田元防衛相「(LGBT)理解増進法を作っていこうという機運も高まっております。今年はG7、日本が議長国でもありますので、日本が多様性を重視する国だということを発信をしていきたい」

役員会には自民党の稲田元防衛相や立憲民主党の西村代表代行の他、公明党や日本維新の会、さらに共産党の議員が出席し、5月のG7広島サミットまでに法案の成立を目指すことを確認しました。

議連は2021年にも法案の成立を目指しましたが、自民党の保守派による反発を受け、国会への提出が見送られた経緯があります。稲田氏は「今回は、政府や自民党からも、法律の必要性を指摘する声が出ている。そこは力強く思っている」などと話しました。

議連は来週に総会を開く予定で、今後、保守派の理解をどう得ていくのかが焦点です。