日テレNEWS
政治
2020年1月21日 12:17

立憲・国民“合流協議”打ち切りの可能性も

立憲・国民“合流協議”打ち切りの可能性も
(c)NNN

立憲民主党との合流を目指していた国民民主党だが、21日までに話し合いがまとまらず、両党による合流協議は打ち切られる可能性が高まっている。

国民民主党は20日夜の議員総会でも結論が出ず、立憲幹部は「もう、付き合いきれない」と突き放している。

立憲側が21日までに結論を報告するように期限を切ったため、国民民主党は、20日、4時間にわたり議論を行った。この中でも立憲に事実上吸収されることは認められないとの意見が出るなど、賛否両論が拮抗(きっこう)し結論が出なかった。

国民民主党・原口国対委員長「全部が全部つまり切れないっていうのはありますよ。だって2年間離れてたわけですから。それはまた基本的に合意を代表間でやればいい話だから」

玉木代表は20日、引き続き、粘り強く交渉を継続する考えを強調した。

両党は21日午後、幹事長会談を行うが、立憲幹部は「これ以上、議論しても仕方ない」と協議を一旦、打ち切りにする考えを示している。

立憲の中堅議員は「このドタバタは野党全体の評価のダウンにつながる」と懸念を示している。