日テレNEWS
政治
2022年5月20日 17:55

南スーダンPKO自衛隊派遣1年延長を決定

南スーダンPKO自衛隊派遣1年延長を決定

南スーダンでのPKO(=国連平和維持活動)の期間を国連が延長したことを受け、政府は20日の閣議で、自衛隊から派遣している司令部要員の派遣期間を、1年延長することを決めました。

政府は2011年から順次、南スーダンにPKO司令部要員や施設部隊を派遣し、道路整備などを行ってきました。このうち施設部隊は2017年に撤収しましたが、司令部の要員として4人の自衛隊員が活動を続けています。

国連安全保障理事会が今年3月、活動の1年延長を決めたことを受け、20日の閣議で、来年5月末まで1年間、派遣を延長することが決定されました。

松野官房長官は会見で、「我が国としても、国際社会の責任ある一員として、引き続き各国と協調して南スーダンを支援していくことは大変意義深い」と強調しました。