×

  • 日テレNEWS NNN
  • 政治
  • 松野官房長官側も“裏金疑惑” 「1000万円超」不記載か 会見では“回答を控える”

松野官房長官側も“裏金疑惑” 「1000万円超」不記載か 会見では“回答を控える”

2023年12月8日 18:21
自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題で、松野官房長官側にも記載のない1000万円を超えるキックバックがあったとみられることがわかりました。裏金疑惑に説明を避け続ける松野長官。その姿勢は、8日の会見でも見られました。

    ◇

政権の中枢に及んだ“裏金疑惑”。8日朝、官邸に入った松野博一官房長官は、たちまち報道陣に囲まれました。

――5年間で1000万円を超えるキックバックを受け取ったというのは事実でしょうか?

自民党・安倍派 松野博一官房長官
「今から閣議がありますので、記者会見で対応します」

――自身の進退についてはどうお考えですか?

自民党・安倍派 松野博一官房長官
「記者会見で対応します」

――そういうところについても会見で明らかにされるということでしょうか?

自民党・安倍派 松野博一官房長官
「いや、質問に対して対応するということです」

矢継ぎ早に飛ぶ記者からの質問。松野官房長官は「記者会見で対応する」とだけ答え、足を止めることはありませんでした。

その後、閣議の際にカメラの前に現れた時には一点を見つめ、浮かない表情を見せていました。首相入室の声かけに勢いよく立ち上がり、頭を下げる様子もありました。

    ◇

自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる問題。関係者への取材で松野官房長官側が収支報告書に記載のないキックバックを受けていたとみられることがわかったのです。その総額は直近5年間で1000万円を超えるとみられています。そのため、松野官房長官には厳しい追及の目が向けられることになりました。

8日朝の会見でも“裏金疑惑”について記者から質問が飛びました。

――松野官房長官個人を特定した報道が初めてなされたという意味で、これまでとは状況が違うと思います。説明責任を果たしていただきたいと思います

松野博一官房長官
「現在、派閥において事実確認がなされている最中であり、また、報道によれば派閥の政治資金の取り扱いについては、刑事告発がなされ、それに関連して捜査が行われているものと承知をしており、そうしたことを踏まえて適切に判断をしていきます」

「会見で対応する」と話していましたが、具体的な説明を避けました。この会見で記者から投げかけられた質問はすべて“裏金疑惑”関連でした。

――説明をしないまま政府の発信を国民が素直に受けとめることができると考えているのか? 

――この疑惑に関しては早く説明を果たした方がよろしいのではないでしょうか?

松野博一官房長官
「この会見は政府の立場として臨んでいるということでございます。お尋ねについては、控えさせていただきたい」

松野官房長官は“回答を控える”などと繰り返しました。自らの進退については…

松野博一官房長官
「引き続き緊張感を持って、私に与えられた職責を果たしてまいりたい」

辞任は否定しています。

    ◇

その後は国会で野党からの厳しい追及を受けた松野官房長官。

松野博一官房長官
「政府の立場としてはお答えを差し控えるべきと認識していますが、私の政治団体についても精査して適切に対応してまいりたい」

ここでも一貫して説明を拒み続けています。

本人の口から疑惑について語られることはあるのか、8日午後4時過ぎ、松野官房長官が再び報道陣の前へ現れました。午後の定例会見が行われたのです。

――長官に説明を求める質問が相次ぎました。「キックバックがあったか」、事実関係を説明する考えはあるのか?

松野博一官房長官
「政府の立場としてはお答え差し控えるべきと認識していますが、派閥において事実確認がなされている最中であり、報道によれば派閥の政治資金の取り扱いについては刑事告発がなされ、それに関連して捜査が行われているものと承知しており、そうしたことを踏まえ、私の政治団体についても精査して適切に対応してまいりたい」

記者からは再び質問が相次ぎましたが、この会見でも“裏金疑惑”について説明することはありませんでした。

――答えられないのではなく、答えたくないとの理解でよろしいですか?

松野博一官房長官
「記者会見におきましても、国会の委員会の場においても、答弁はさせていただいております。本日の予算委員会におきましても、答弁をさせていただきました」

――潔白が証明できるなら発言されるべきと声が高まっていますが?

松野博一官房長官
「答弁させていただいている通り、派閥における事実確認の状況、また、派閥に対する刑事告訴の状況を踏まえ、そこに影響が出ないように、私の政治団体に対する問題に関してしっかり精査して対応していく」

東京地検特捜部は臨時国会閉会後にも議員への聴取などをして、全容解明を進めるものとみられます。