×

リニアトンネル 県境付近のボーリング調査“容認” 静岡県の専門部会 知事辞職で一転 山梨県

2024年5月14日 19:06
リニアトンネル 県境付近のボーリング調査“容認” 静岡県の専門部会 知事辞職で一転  山梨県

山梨県内で停止しているリニア中央新幹線南アルプストンネルのボーリング調査について、静岡県の専門部会が「技術的に問題ない」との認識を示しました。

専門部会はこれまで調査に難色を示していましたが、川勝前静岡知事の辞職を境に主張を一転させた形です。

南アルプストンネル工事のボーリング調査をめぐっては大井川の流量減少への懸念を理由に、川勝前知事が県境まで300mの所で調査を止めるようJR東海に要請。

静岡県が設置した専門部会も「環境への配慮が欠けている」などとして、調査に難色を示していました。

こうした中、13日は川勝前知事が辞職して初の専門部会が静岡県庁で開かれ、JR東海が大井川の流量減少など調査に伴うリスク管理などを説明。

これに対し専門部会は「科学的な観点からリスク管理ができている」と従来の主張を一転させ、調査を認める見解を示しました。

専門部会の調査容認を受け、静岡県の森貴志副知事は「ほかの専門部会の意見を確認した上で、次の知事が県としての判断をする」との考えを示しました。

静岡県知事選は26日の投開票で、次の知事の発言が注目されます。

    山梨放送のニュース

    • 日テレNEWS NNN
    • 政治
    • リニアトンネル 県境付近のボーリング調査“容認” 静岡県の専門部会 知事辞職で一転 山梨県