×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 青森に漂着の大量イワシ 撤去始まるも…1日では“片付け”終わらず

青森に漂着の大量イワシ 撤去始まるも…1日では“片付け”終わらず

2022年3月7日 20:04
青森に漂着の大量イワシ 撤去始まるも…1日では“片付け”終わらず

青森・横浜町の海岸で、打ち上げられた大量のイワシを撤去するための作業が、7日から開始されました。1匹ずつ手作業でバケツに入れたり、重機を使って一気にイワシを集めたりしましたが、7日だけではすべて回収することはできなかったということです。
     ◇

青森・横浜町の海岸に、隙間なく一面に広がっていたのは大量のイワシ。海にも浮かび、所々、密集していて足の踏み場のないところもありました。

イワシは先月下旬から打ち上げられていました。そのイワシを撤去するための作業が7日から開始されました。

1匹ずつ手作業でバケツに入れたり、重機を使って一気にイワシを集めたりしましたが、1日ではすべて回収することはできなかったといいます。

この作業には、町の職員や地域のボランティアなどあわせて100人が参加しました。

参加者
「これほどまでにすごい状況っていうのは、きょう初めてみてびっくりしてました」

参加者
「結構大変です」

青森県産業技術センター水産総合研究所によると、先月中旬に陸奥湾で2度から3度ほど海水温が急激に下がった時期があり、大量のマイワシが仮死状態になったといいます。その後、海岸に打ち上げられたとみられています。

回収作業は、8日以降も行われるということです。