日テレNEWS
社会
2012年1月18日 0:16

芥川賞に円城氏と田中氏、直木賞は葉室氏

芥川賞に円城氏と田中氏、直木賞は葉室氏
(c)NNN

 17日、第146回芥川賞と直木賞の受賞作が発表された。芥川賞はダブル受賞となり、円城塔氏(39)の「道化師の蝶」と田中慎弥氏(39)の「共喰い」が選ばれた。

 円城氏の「道化師の蝶」は、謎の作家が世界各地に足跡を残す物語で、選考委員は「難しい小説だった」とコメントする一方で、「これまでの小説と違う面白さがある現代的な小説」と評価した。

 田中氏の「共喰い」は、男女の複雑な性の結びつきを描いた作品で、「文章の密度が高く、人物像が丁寧に描かれている」と評価された。

 直木賞は葉室麟氏(60)の「蜩ノ記」が選ばれ、「風景の描写などに気配りがされている」と評価された。

 授賞式は来月17日に行われる。