日テレNEWS
社会
2012年3月19日 1:52

セブンイレブン店舗が賞味期限切れ菓子販売

セブンイレブン店舗が賞味期限切れ菓子販売
(c)NNN

 大阪・東大阪市のコンビニエンスストア「セブンイレブン」東大阪鴻池元町店で、賞味期限が切れたバレンタインデー用のチョコレートクッキーがホワイトデー用に売られていたことがわかった。

 クッキーを購入した男性客によると、15日、ホワイトデー用にチョコレートクッキーを購入して知人女性に渡したところ、16日に女性から「賞味期限が過ぎている」と連絡があった。男性が商品を確認したところ、賞味期限は「3月7日」だった。

 店側も事実を認めていて、わかっているだけで4個を販売したという。セブンイレブンは「加盟店の管理徹底ができていなかった」としている。