日テレNEWS
経済
2015年3月26日 0:43

防犯・防災…「コンビニエンスストア宣言」

 日本フランチャイズチェーン協会は25日、コンビニエンスストア11社が連携し、雇用創出や防犯・防災などの役割を果たす方針をまとめたコンビニエンスストア宣言を発表した。

 これは経済産業省で行われた研究会を受けたもので、コンビニエンスストア11社で全国約5万2000店あるネットワークを生かし、経済的、社会的役割を果たすと宣言している。

 警察などと協力し、危険を感じた際の駆け込み先として認識されるよう周知を拡大するほか、国と連携して災害時の情報システムを構築するとしている。

 また、高齢者など買い物弱者への対応や、訪日外国人へのサービス向上などにも取り組むとしている。