×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • コロナワクチン 接種間隔「少なくとも3か月」了承 あす短縮間隔で公費による接種受けられるよう決定へ

コロナワクチン 接種間隔「少なくとも3か月」了承 あす短縮間隔で公費による接種受けられるよう決定へ

2022年10月19日 22:18

厚労省の専門部会は19日、12歳以上を対象とした新型コロナワクチンの接種間隔を、現在の少なくとも5か月から「少なくとも3か月」に短縮することを了承しました。オミクロン株のBA.1やBA.4と5対応ワクチンの追加接種は、前の接種から3か月たてば打つことができるようになります。

厚労省は20日に別の部会で、公費による予防接種を短縮した接種間隔で受けられるよう決める方針です。