×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 【天気】台風11号北上 九州北部で線状降水帯が発生するおそれ 南西諸島から東海にかけても大雨

【天気】台風11号北上 九州北部で線状降水帯が発生するおそれ 南西諸島から東海にかけても大雨

2022年9月5日 12:55
【天気】台風11号北上 九州北部で線状降水帯が発生するおそれ 南西諸島から東海にかけても大雨

◎全国予報
5日(月)は、台風11号が東シナ海を北上しています。台風の北上に伴って西日本は風が強まり、特に九州北部は猛烈な風が吹く予想です。

また、九州北部では、5日(月)夜から6日(火)午前にかけて、線状降水帯が発生するおそれがあります。線状降水帯が発生すると、災害の危険度が急激に高まるため、早めの備えが必要です。

また、湿った空気の影響などもあり、南西諸島から東海にかけても激しい雨や非常に激しい雨が降り、雨量が多くなる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫などに警戒が必要です。

中国地方から東北は晴れ間が出る所が多い見込みですが、にわか雨の所もありそうです。

北海道はくもりや雨でしょう。

◎予想最高気温
日本海側を中心に猛暑日になる所があるでしょう。金沢や京都、大阪など35度予想です。

東京は31度で前日と同じくらいの暑さでしょう。

◎週間予報
6日(火)は、九州を中心に大荒れの天気でしょう。

また、気温も高く、体温並みの猛烈な暑さとなる所がありそうです。熱中症にも注意・警戒が必要です。

7日(水)にかけて、北海道は暴風に警戒が必要です。