日テレNEWS
社会
2014年11月27日 0:05

給食に“ふりかけ”はダメ? 大阪で議論

給食に“ふりかけ”はダメ? 大阪で議論
(c)NNN

 熱い議論のテーマは「ふりかけ」だった。

 「冷たい」「おいしくない」と、生徒たちから批判が相次ぐ大阪市の中学校の給食。残さず食べてもらおうと教師側から提案されたのは、ご飯がすすむ“ふりかけ”。ところが―。

 橋下市長「ふりかけ、ダメなんですか?」
 市職員「栄養のバランスで、ダメだって言われたんです」
 橋下「それ禁止事項なんですか?」
 市職員「(ふりかけを)加えると、塩分量を超えますので、どうぞどうぞという訳には…」

 厚生労働省のプログラムで塩分量が決められているため、学校の判断ではできないとのこと。

 橋下市長「ふりかけぐらいはね、僕はね、こんな程度を学校現場に委ねられないと僕らが言ったら、中央集権そのものだと思うんですけどね」