日テレNEWS
社会
2015年4月22日 21:32

翁長知事、辺野古沖の作業停止巡り弁明書

翁長知事、辺野古沖の作業停止巡り弁明書
(c)NNN

 沖縄のアメリカ軍普天間基地移設に伴う名護市辺野古沖の海上作業停止の指示を巡り、沖縄の翁長知事は22日、農林水産相宛てに「弁明書」を送付したことを明らかにした。

 防衛省が名護市辺野古沖で進めている海上作業を巡っては、沖縄県は先月、「コンクリートブロックでサンゴ礁が壊された恐れがある」として、防衛省に対し県の調査が実現するまで海上作業を一時停止するよう指示したが、防衛省は、水産資源の保護を所管する農林水産相に対し、沖縄県の指示の取り消しを求める審査請求を行っていた。

 これに対し、沖縄県の翁長知事は22日、県の指示は適法だとして防衛省の請求を却下するよう求める「弁明書」を農水相に送付したことを明らかにした。

 翁長知事「沖縄の理解を得るというのに、沖縄の調査をさせないというのは、これは大変、私からするとやっぱりおかしい」

 農水相は今後、防衛省の反論を聞いた上で判断することになる。