×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 都心は夏日一歩手前 「食べるスプーン」でソフトクリームを…年間約44トンのプラスチック削減へ

都心は夏日一歩手前 「食べるスプーン」でソフトクリームを…年間約44トンのプラスチック削減へ

2023年5月26日 16:35

26日の東京都心は夏日一歩手前の陽気となりました。暑くなってくると食べたくなるのが冷た~いソフトクリーム! ミニストップでは来月9日から、そのソフトクリームに添えられるスプーンがプラスチックから“食べられるもの”に変更されます。名前はそのまま「食べるスプーン」。ミニストップでは、この「食べるスプーン」に変更することで、年間約44トンのプラスチック削減につながると見込んでいます。

宮崎県延岡市の北川湿原では、「コウホネ」が鮮やかな黄色い花を咲かせていました。豊かな自然が残りトンボの楽園とも言われている北川湿原は、日本有数のコウホネの自生地でもあります。2種類のコウホネが、それぞれ1000株以上も自生していて、水面から出た葉や花の上でトンボが羽を休める様子も見ることができます。コウホネは、これから夏にかけて開花のピークを迎えるということです。

一方、愛媛県の小学校では27日に行われる運動会の準備が進められていましたが、猛烈な強さの台風2号の影響は…。

※詳しくは動画をご覧ください。(5月26日放送『news every.』より)