日テレNEWS
社会
2016年8月4日 18:27

「体づくり」に最適のタイミングはいつ?

「体づくり」に最適のタイミングはいつ?
(c)NNN

 キーワードでニュースを読み解く「every.キーワード」。4日のテーマは「今の時期こそ体力づくりを」。諏訪中央病院・鎌田實名誉院長が、暑さにも生活習慣病にも負けない体をつくるためのポイントを解説する。


■「ゴールデンタイム」に乳製品

 人間は運動をすると筋力がつくが、その筋力をつくるためにアミノ酸が必要になる。牛乳などの乳製品にはアミノ酸が豊富に含まれていて、運動した後にコップ1杯程度の牛乳を飲むことが筋力アップにつながる。

 ただ、牛乳を飲むだけではだめで、そのタイミングが重要だ。実は、運動後の30分間は「ゴールデンタイム」と呼ばれている。特に筋肉の合成が進むのが運動後30分以内の時間帯と言われていて、その「ゴールデンタイム」に牛乳などの乳製品をとることが有効とされている。


■筋力アップで病気を予防

 「ゴールデンタイム」の乳製品にはどのくらいの効果があるのだろうか。スポーツ医科学が専門の信州大学の能勢教授がある実験を行った。

 実験は、40代から70代の女性35人が対象で、早歩きとゆっくり歩きを交互に繰りかえすウオーキングを5か月にわたって1日30分、週に4日、行ったものだ。

 その中で、ウオーキングしてから30分以内の「ゴールデンタイム」に乳製品をとったグループと、乳製品をとらなかったグループとで太ももの筋力の増加率を比べてみると、乳製品をとらなかったグループは約7%だったのに対し、乳製品をとったグループは約16%という結果になった。

 筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がるので、体脂肪が減少し、太りにくい体になることも期待できる。また、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の予防にもつながることが期待できる。


■熱中症予防にも

 「ゴールデンタイム」の乳製品は、筋力アップ以外にも効果がある。夏の暑い時期、怖い熱中症の予防が期待できる。能勢教授によると、運動後、「ゴールデンタイム」の乳製品は血液の量を増やすことができると言う。

 体内の血液量が多くなれば、皮膚近くに流れる血流が増加して汗をかきやすくなる。その結果、熱を体から逃がしやすくなり、結果的に熱中症の予防につながる。

 当然、大量の汗をかいたときなどは速効性のある水分と塩分の補給が大切だが、長期的に見れば、運動後の牛乳などの乳製品をとることが効果的だと言える。


■体を動かして牛乳を

 暑い時期は特に体を動かすことがおっくうになりがちだ。人生を豊かにするためにも、寝たきりを防ぐためにも筋力をつけて代謝を上げたいところだ。

 散歩からでもいいので、なるべく体を動かして、「ゴールデンタイム」に牛乳を飲んで欲しい。ただ、運動する前には十分な水分補給が欠かせない。