日テレNEWS
社会
2016年10月13日 17:57

東京都議会 知事報酬“半減”可決し閉会

東京都議会 知事報酬“半減”可決し閉会
(c)NNN

 小池知事就任後初となった都議会の定例会は13日、小池知事の報酬を半減するための条例改正案などが可決・成立し、閉会した。一方、豊洲市場の問題については継続して審議することが決まった。

 本会議では午後2時すぎ、小池知事が提出した待機児童対策のための約126億円の補正予算案と自らの報酬を半減させるための条例改正案の採決が行われた。

 報酬半減の条例改正案については、都議会自民党から「恣意(しい)的な給与設定を避けるため報酬審議会に諮問すべきだったのでは」との意見も出たが、どちらの提案も全会一致で可決され成立した。

 小池知事「初めての定例の議会、無事終了することができました。提案した議案も条例も賛成していただいて、まずはほっとしております」

 一方、豊洲市場の問題については、都議会各会派は更に調査する必要があるとして、「特別委員会」の設置を決め、定例会閉会後も継続して審議されることになった。