日テレNEWS
社会
2016年10月27日 9:15

皇族で最高齢 三笠宮さまご逝去 100歳

皇族で最高齢 三笠宮さまご逝去 100歳
(c)NNN

 天皇陛下の叔父にあたる三笠宮さまが27日、入院先の都内の病院で亡くなられた。100歳だった。

 昭和天皇の14歳年下の弟で天皇陛下の叔父にあたる三笠宮崇仁さまが27日、亡くなられた。記録に残る皇族の中で最高齢の100歳だった。

 三笠宮さまは今年5月に急性肺炎と診断され聖路加国際病院に入院された。その後、症状は治まったものの緩やかに心臓の機能が低下していき、集中治療室と一般病室を行き来していたが、27日午前8時34分に亡くなられた。

 三笠宮さまは2012年に、96歳で心臓の手術を受けた後は大きな病気もなく今年新年の一般参賀では宮殿のベランダに立ち元気な姿を見せられていた。また6月には、天皇皇后両陛下が病院を見舞われた際には、三笠宮さまは快活に話されていたという。