日テレNEWS
社会
2016年12月19日 11:41

オスプレイ全面再開へ 翁長氏「言語道断」

オスプレイ全面再開へ 翁長氏「言語道断」
(c)NNN

 アメリカ軍は新型輸送機「オスプレイ」が不時着し大破した事故で、運用を停止していた沖縄のオスプレイの飛行を19日午後、全面再開させることを明らかにした。一方、沖縄県の翁長知事は「言語道断」と批判している。

 19日朝、沖縄防衛局の中嶋局長が沖縄県庁を訪れ、アメリカ軍が19日午後2時からオスプレイの運用を全面再開させる考えであることを伝えた。

 防衛省によると、事故原因は空中給油訓練の際、給油ホースとプロペラが接触したことだと特定し、機体自体の安全性は確認されたとしている。また、この事故原因に鑑み、当面、空中給油訓練は中止するという。

 「もう言語道断だということですね。とんでもない話。(Q.日本政府は容認したが?)そういう政府は相手にできませんね。法治国家ではない」-翁長知事はこのように述べ、再開を容認した日本政府にも強い憤りを見せた。

 沖縄県は「事故の説明は十分ではなく納得できるものではない」としていて、事故から1週間もたたないうちの飛行再開に県民の反発はさらに強まりそうだ。