日テレNEWS
社会
2017年8月24日 21:34

豊洲の96店舗でカビ発生 夏の長雨影響か

豊洲の96店舗でカビ発生 夏の長雨影響か
(c)NNN

 築地市場からの移転が延期された状態が続く豊洲市場で、カビが発生していることが分かった。

 東京都によると、カビが確認されたのは豊洲市場の中にある店舗で、木製の棚やステンレス製のシンクの表面などにカビが発生したという。カビが確認された店舗は96店にのぼり、特に水産仲卸売場棟の1階で多く発生していた。

 豊洲市場は去年11月に築地からの移転が予定されていたが、小池知事の移転延期を受け使われない状態が続いている。

 東京都は今年2月から換気や空調設備を稼働させていたが、夏の長雨の影響でカビが発生したとみられるという。都は今後、対策としてカビの清掃を行うとともに、24時間空調を動かし続ける方針。