日テレNEWS
社会
2017年12月12日 11:45

リニア不正入札 JR東海担当者情報漏洩か

リニア不正入札 JR東海担当者情報漏洩か
(c)NNN

 リニア中央新幹線の工事を巡る不正入札事件で、工事を発注したJR東海の担当者が工事費に関する情報を漏らした疑いがあることが分かった。東京地検特捜部は、この担当者らから既に任意で事情を聞いている。

 この事件は、リニア中央新幹線の建設工事を巡り、名古屋市内の「名城非常口」の入札で不正を行った疑いで、大手ゼネコン・大林組の本社が家宅捜索を受けたもの。

 その後の関係者への取材で、工事を発注したJR東海の担当者が、事前に大林組に工事費に関する情報を漏らしていた疑いがあることが分かった。

 特捜部はこの担当者らから既に任意で事情を聞いていて、大林組がこうした情報や他のゼネコンとの受注調整によって入札を有利に進めた疑いがあるとみて調べている。