×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • セミナーや会議が中止に…「Teams」不具合で影響続々 FAX使う会社も

セミナーや会議が中止に…「Teams」不具合で影響続々 FAX使う会社も

2022年7月22日 1:47
セミナーや会議が中止に…「Teams」不具合で影響続々 FAX使う会社も

マイクロソフト社が提供する「Teams」で21日、不具合が発生し、仕事に活用している利用者からは、「仕事にならない」という声が相次ぎました。チャットやオンライン会議ができず、FAXで社内連絡をとったという企業も…。

   ◇

東京・新橋で街の人に話を聞きました。

――会社での連絡は何を使っている?

会社員(55)
「そうですね、『Teams』がメインです」

会社員(30)
「社内の連絡、全部『Teams』で」

新型コロナウイルスの感染拡大で定着したリモートワーク。その重要なツールの1つとなっているのが、マイクロソフト社が提供しチャットやオンライン会議ができる「Teams」です。

いまや月間の利用者数が2億7000万人を超えるこのツールで21日、不具合が発生しました。その影響は、午前10時ごろから次々と出ていました。

21日午後1時45分ごろ、「Teams」を利用しようとすると、画面に「問題が発生しました」と表示され、「Teams」を開くことができなくなっていました。また、メッセージを送ろうとしても、「メッセージを送信できません」とエラーが返されていました。

   ◇

その影響について、街の人に話を聞きました。

会社員(55)
「予定されていたセミナーが中止になった」

会社員(25)
「他の会社の人と会議を開いたりしているのが、一切できなくなった。(会議が)延期になりました」

仕事で「Teams」を利用する会社員(30)
「全部、連絡が電話になっちゃっているので、1人1人に連絡しなくちゃいけないとかで結構大変でした」

   ◇

ツイッターには、このような投稿もありました。

ワッフル専門店「マネケン」は、社内で「Teams」を使っているといいます。そのため、公式ツイッターで思わずつぶやいたのは…

「わたわたです…! 早期復旧を願いつつとりあえずワッフルを食べることにします!」

さらに、業務連絡のほとんどを「Teams」で行っているというリフォーム会社も、ツイッターで次のようにつぶやいていました。

リフォーム会社のツイッター
「Teams ダウン OneDrive ダウン office365 ダウン Outlook ダウン Twitter 無事 Twitterしかやることない! 仕方ないからTwitterにいるんだ!」

「Teams」の不具合で影響を受けたリフォーム会社が急きょ作ったのが、手書きで「Teams障害でてます」などと書かれた紙でした。

リフォーム会社担当者
「これですね。事業所が20~30くらいあるので、そこに向けて全部送りました」
「とりあえず、みんなに知らせないと」

連絡がとれないことを、各事業所にFAXで伝えたといいます。

――不具合が生じている時、どう対応した?

リフォーム会社担当者
「他のツール、あとは主に電話が大きいですよね。時間とられるけど結局、『電話で対応して』みたいな」

   ◇

通信障害についての情報を収集する「ダウンディテクター」によると、「Teams」の不具合は21日午前10時ごろから急増したそうです。日本だけでなく、アメリカやカナダ、ドイツ、オーストラリアなど世界各地で報告されました。

マイクロソフトは「運用前のシステムを試運転した際にトラブルが生じたため」と不具合の原因を特定し、午後1時ごろから復旧し始めました。

   ◇

21日、在宅勤務をしていたイベント関連会社の男性は、仕事に必要な情報を「Teams」で管理していたため、午前中はほぼ何もできない状態だったといいます。

影響を受けた在宅勤務中の男性
「結局、午後頭くらいまでは何もできなかったっていう感じです」
「1個のもの(ツール)に依存しすぎるのは本当によくないんだなって。いざ復活してみると『あ、でも仕事しないとな』っていうことになったので、もちろん問題はない方がいいんですけど、ちょっと復旧して残念だったっていう心の内もあります」

   ◇

マイクロソフトによると、21日午後11時現在、世界中のほぼ全ての地域で99%以上、復旧しているということです。

(7月21日放送『news zero』より)