日テレNEWS
社会
2018年12月31日 0:21

新幹線トラブル23万人に影響 31日は…

新幹線トラブル23万人に影響 31日は…
(c)NNN

帰省ラッシュが続く中、東京駅での車両トラブルが原因で東北新幹線などが遅れ、乗客およそ23万人に影響が出た。

JR東京駅は、30日も帰省する家族連れなどで朝から混雑し、新幹線の下りの指定席はほぼ満席。自由席は東海道新幹線で乗車率150%になった。

一方、JR東日本によると、東京駅で東北新幹線「やまびこ・つばさ177号」の非常ブレーキが故障するトラブルがあり、東北・上越・北陸・山形・秋田の各新幹線あわせて370本に最大90分前後の遅れが発生し、およそ23万人の乗客に影響が出た。

このトラブルによる31日の運行への影響はないということだが、東京駅を出発する各新幹線の下りの指定席はほぼ満席となっていて、31日も混雑が予想されている。

また、航空各社によると、空の便は31日も羽田から各地へ向かう便で予約が多く、終日混雑が続く見通し。