日テレNEWS
社会
2019年6月20日 17:17

地震でストップ「あつみ温泉」湯の供給再開

地震でストップ「あつみ温泉」湯の供給再開
(c)NNN

震度6弱を観測した山形県鶴岡市にある「あつみ温泉」では、地震の影響でストップしていたお湯の供給が20日午後、再開された。

鶴岡市の「あつみ温泉」にある公衆浴場「下の湯」では、18日の地震以来、ストップしていたお湯の供給が20日午後に再開された。

鶴岡市内では20日朝、運休が続いていたJR羽越線も運転を再開して、駅にはいつもの通勤通学風景が戻って来た。

一方、湯温海地区にある市営の「紅葉丘団地」では、裏山の斜面に亀裂が見つかり、住民が一時、自主的に避難した。鶴岡市は午前中から、現地調査に入り、午後、建物の安全は確認できたとした。住民も避難所から団地の自宅へと戻り始めている。

「下の湯」でも、お湯が完全にたまってから営業を再開する予定。地震から丸2日を前に、鶴岡市内も日常を取り戻しつつある。