日テレNEWS
社会
2019年8月29日 17:23

片付け急ピッチ 広範囲に被害で復旧に時間

片付け急ピッチ 広範囲に被害で復旧に時間
(c)NNN

九州北部を襲った記録的な大雨の影響で2人が死亡、1人が行方不明となっている、佐賀県武雄市から中継。

28日の大雨の影響で、広い範囲で冠水した武雄市朝日町。一時、車の屋根が見えなくなるほど水位があがっていた。しかし、29日朝になり水はほぼ引いたため、本格的に片付け作業をする人の姿が多くの場所でみられた。

武雄市で理髪店をはじめて9年目となる藤瀬真一さん。大雨で店内まで冠水したのは初めて。29日は、友人やお客さんの協力で朝から急ピッチで片付けが進んでいる。

藤瀬真一さん「ありがたいですよね。店のために時間をつくってくれるのは。急いで店を再開したい」

武雄市によると市内では、午後1時時点で数百棟の建物が床上、床下浸水しているほか、護岸の崩壊など河川の被害が41か所、土砂崩れや倒木などが77か所で発生している。

復旧に向け動きがある一方で、被害は広範囲に広がっていて、完全に復旧するには時間がかかりそうだ。