日テレNEWS
社会
2019年8月29日 20:58

京アニ 11月に追悼イベント開催の方針

京アニ 11月に追悼イベント開催の方針
(c)NNN

スタジオが放火され、多くの犠牲者が出た京都アニメーションが、一般向けの追悼イベントを11月上旬に開催する方針であることがわかった。

京都アニメーションの放火殺人事件では、八田英明社長が、事件直後から、亡くなった社員を追悼する会を開く意向を示していたが、会社側が、11月3日と4日に予定していた「私たちはいま!!」と呼ばれるファン向けのイベントを、追悼を目的にしたものに切り替えて実施する方針であることが、代理人弁護士への取材でわかった。

亡くなった社員の作品や献花台に寄せられたメッセージの展示などを含めて検討しているという。

また、京都アニメーションに寄せられた支援金は、28日時点で、23億円を超えているが、政府は、災害義援金の制度を活用するなどして、寄付する側と受け取る会社側、双方の税負担を軽くする仕組みを検討している。