日テレNEWS
社会
2022年1月25日 10:51

厚労相 介護職ら“待機期間”見直し検討も

厚労相 介護職ら“待機期間”見直し検討も

新型コロナウイルスオミクロン株の感染拡大で、濃厚接触者となったエッセンシャルワーカーの自宅待機による影響が大きくなっていることを踏まえ、後藤厚生労働相は、介護職などの扱いの緩和について、「状況に応じて検討していく必要がある」と述べました。

後藤厚労相「科学的エビデンスと、それから社会的機能の維持という両面から今後も状況に応じて しっかりと検討していく必要がある」

エッセンシャルワーカーの自宅待機をめぐっては、医療従事者が毎日の検査などを条件に仕事を続けることが認められているほか、影響が深刻な沖縄県では、高齢者施設での介護職についても同様の特例が認められています。

後藤厚労相は、今後の感染状況などによっては全国的に、介護職やその他のエッセンシャルワーカーについても対応の変更を検討していくなどと述べました。