日テレNEWS
社会
2020年2月21日 21:01

森法相“保釈中の逃走防止”法整備を諮問

森法相“保釈中の逃走防止”法整備を諮問
(c)NNN

カルロス・ゴーン被告の国外逃亡など、保釈中の被告が逃走するケースが相次ぐ中、森法相は21日、保釈中の逃走を防ぐための法整備を、法制審議会に諮問した。

森法相は21日、保釈中の逃走を防ぐために刑事訴訟法の改正などの法整備を法制審議会に諮問した。

森法相「保釈中の被告人等の逃走を防止し、公判期日への出頭及び刑の執行を確保するための刑事法の整備についての検討をお願いするものでございます」

審議会では、刑法の逃亡罪の対象を保釈中の被告らにも広げることやGPS端末の装着など、様々な場面を想定した幅広い議論が行われるものとみられる。

また、民事裁判の全面的なIT化に向けた法改正も諮問され、「危険運転」の規定の見直しについては、答申がまとめられた。