×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • “インフル”と“コロナ”…同時感染「フルロナ」警戒 重症化リスク4倍も

“インフル”と“コロナ”…同時感染「フルロナ」警戒 重症化リスク4倍も

2022年11月16日 1:52

15日、東京では“師走並み”の寒さとなり、渋谷のしゃぶしゃぶ店では、温かい鍋を楽しむ人たちでほぼ満席になっていました。この店のコンセプトは「一人一鍋」。“コロナ対策”にもなっているといいます。

都内の感染者数は、およそ2か月ぶりに1万人を超え、全国も10万3000人近くと“第8波”への勢いは増しています。(※15日の新規感染者 東京都:1万1196人 全国:10万2829人 厚労省による)

小池都知事
「“(発熱患者1日)最大9万人”ということなども想定しながら体制を整えていますが」
「ワクチンの接種をできるだけ早く行っていただく。それもインフルエンザのワクチンもありますので」

都内の公立学校では、この冬、初めてとなるインフルエンザによる学年・学級閉鎖が決まるなど、インフルとコロナの同時流行が懸念されています。街でも、“インフル”と“コロナ”をあわせた、『フルロナ』と呼ばれる“同時感染”に不安の声が聞かれました。

医師によると、同時感染だと重症化リスクが従来の4.1倍になるという、海外のデータも出ているといいます。

※詳しくは動画をご覧ください。(11月15日放送『news zero』より)