×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • JR東海“16日の旅行控えて”東海道新幹線の運転再開も「目的地まで移動できない可能性高い」

JR東海“16日の旅行控えて”東海道新幹線の運転再開も「目的地まで移動できない可能性高い」

2023年8月16日 20:01
JR東海“16日の旅行控えて”東海道新幹線の運転再開も「目的地まで移動できない可能性高い」

東海道新幹線は16日、午後2時過ぎに運転を再開したあともダイヤの大幅な乱れが続いていますが、JR東海は始発駅の所定の発車時刻が午後7時半以降の列車は運休すると発表した上で、16日の旅行を控えるよう呼びかけました。

JR東海の発表は以下の通り。(一部抜粋)

「今後は、始発駅の所定発車時刻が17時00分頃から19時30分頃の列車を全車自由席にて運転します。以降の列車は運休とします。沿線で今後も降雨が予想されており、今後の雨の状況によっては所定発車時刻19時30分頃の列車よりも本日の運転を取りやめる可能性があります。また、各駅では既に非常に多くのお客様がお待ちになっており、今後運転する列車は駅でお待ちのお客様でほとんど満席となる見込みです。特に19時30分以降にご来駅いただいてもご乗車までに長時間を要し、目的地までご移動できない可能性が高いです。そのため、本日のご旅行はお控えください。」

また、山陽新幹線との直通運転は、引き続き取りやめるとしています。