日テレNEWS
社会
2020年8月25日 13:51

河井前法相夫妻初公判 無罪を主張

河井前法相夫妻初公判 無罪を主張
(c)NNN

去年の参議院選挙をめぐる買収事件で、公職選挙法違反の罪で起訴された前法務大臣の河井克行被告と妻・案里被告の初公判が、25日午前、東京地裁で始まり、2人は起訴内容を否認し無罪を主張しました。

午後1時15分から始まった午後の公判では、克行被告の弁護士による冒頭陳述が行われています。克行被告と案里被告は、落ち着いた様子で、公判にのぞんでいます。

25日の初公判で、河井克行被告と妻の案里被告は、いずれも無罪を主張しました。

午前の公判では、検察官が冒頭陳述で、買収したとされる100人が現金を渡された状況などを述べましたが、午後は、克行被告の弁護士による冒頭陳述が行われています。

克行被告の弁護士は、「検察官は克行被告と案里被告を起訴しながら、現金を受けとった人は一人も起訴していない。公正さを著しく害する公訴提起である」などと主張し、裁判の打ち切りを求めました。

その後、克行被告の無罪主張について詳しく述べています。