日テレNEWS
社会
2020年11月5日 14:00

流行語候補に「鬼滅の刃」など30語発表

流行語候補に「鬼滅の刃」など30語発表
(c)NNN

今年1年の世相を言葉で切り取る現代用語の基礎知識選「2020ユーキャン新語・流行語大賞」。政治や社会、カルチャーなど様々な分野から話題となったノミネート語が選ばれました。

「ユーキャン新語・流行語大賞」事務局によりますと、2020年の傾向はノミネート語すべてが新型コロナウイルス関連でもおかしくないほど新語が登場。しかも、これまで存在する言語が独特の使われ方をしたといいます。

「オンライン〇〇」「テレワーク」「ステイホーム」「クラスター」等、カタカナ語が氾濫する中で、「3密」は日本語らしい語で、多くの人に感染予防語として浸透したと分析しています。

またコロナ禍の中、国内興行収入が157億円を突破した人気アニメ「鬼滅の刃」の映画化をはじめ、動画配信ドラマ「愛の不時着」、倍返し「顔芸」の半沢直樹、オーディション番組から誕生した9人組ガールズグループ「NiziU」などが話題となり、人気ゲーム「あつまれ どうぶつの森」を略した「あつ森」も選ばれました。

これらのノミネート語30の中からトップテンが12月1日に発表され、表彰式が開催される予定です。

【新語・流行語大賞ノミネート30語(50音順)】
 1 愛の不時着/第4次韓流ブーム
 2 新しい生活様式/ニューノーマル
 3 あつ森
 4 アベノマスク
 5 アマビエ
 6 ウーバーイーツ
 7 AI超え
 8 エッセンシャルワーカー
 9 おうち時間/ステイホーム
10 オンライン◯◯
11 顔芸/恩返し
12 カゴパク
13 鬼滅の刃
14 クラスター
15 香水
16 GoToキャンペーン
17 3密(三つの密)
18 自粛警察
19 Zoom映え
20 総合的、俯瞰的
21 ソーシャルディスタンス
22 ソロキャンプ
23 テレワーク/ワーケーション
24 時を戻そう(ぺこぱ)
25 NiziU(ニジュー)
26 濃厚接触者
27 BLM(BlackLivesMatter)運動
28 PCR検査
29 フワちゃん
30 まぁねぇ~(ぼる塾)