×

<今後の雨の予想>東北北部で大雨 梅雨前線は活発な状態続く

2023年7月15日 11:44

梅雨前線は、朝鮮半島から東北地方を通り、日本の東へ延びています。この時間も東北北部の日本海側を中心に、発達した雨雲がかかっています。

<今後の雨の予想>

前線は16日にかけて停滞し、暖かい湿った空気が流れ込むため、活動の活発な状態が続くでしょう。このため、東北では、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨が続くおそれがあります。

16日朝までに予想される雨の量は東北で200ミリとなっていて、その後、16日の日中にかけて雨量はさらに増える見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、氾らんに厳重に警戒してください。