日テレNEWS
社会
2021年7月20日 1:02

武藤総長「判断あまかった」 小山田氏辞任

オリンピック開会式の一部の楽曲を制作したミュージシャンの小山田圭吾氏が辞任し、小山田氏の曲を一切使わないことを組織委員会が明らかにしました。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の武藤事務総長は、小山田氏からの辞任の申し出を受け入れ、開会式のオープニングで映像とともに流れる、小山田氏が手がけた4分間ほどの楽曲を使用しないことを19日夜、明らかにしました。

小山田氏は、過去に障害者などをいじめていたと雑誌のインタビューで発言し、問題視する声が上がっていましたが、当初、組織委員会は、本人が謝罪していることから続投してもらうとしていました。この判断について武藤総長は、「判断があまかった」「社会が謝罪によって理解をするということではなかった」などと述べました。

また、小山田氏はパラリンピックの開会式の担当からも外れます。開会式まで3日と迫り、演出チームが、対応を検討しているということですが、武藤総長は「挽回して成功させることが我々の責任」と述べました。