日テレNEWS
社会
2021年8月15日 5:40

前線の雨雲が次第に南下 太平洋側も大雨か

前線の雨雲が次第に南下 太平洋側も大雨か
(c)NNN

記録的な大雨をもたらした前線の雨雲は、次第に南下し、15日は太平洋側でも大雨となりそうです。

今後の雨雲の予想です。午前中は、西日本の太平洋側から東北地方を中心に雨が降り、所々で雷を伴って、非常に激しく降りそうです。低気圧が近づく関東も雨脚が強まる時間があるでしょう。16日の朝には、再び九州に活発な雨雲がかかりそうです。

16日朝までの予想雨量は、九州南部で180ミリ、東海で150ミリ、九州北部で100ミリなどとなっています。その後も雨が続き、総雨量はさらに増える見込みです。

すでに記録的な大雨となっている地域もあり、少しの雨でも重大な災害が発生するおそれがあります。

引き続き、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。