×

JR東海 新横浜駅始発臨時「のぞみ」号が3月初登場 運行初日は記念乗車証も配布

2023年1月20日 16:39
JR東海 新横浜駅始発臨時「のぞみ」号が3月初登場 運行初日は記念乗車証も配布

JR東海は今年3月から春の臨時列車として新幹線をおよそ4万2千本運転すると発表しました。新横浜駅発の「のぞみ」号も初めて登場します。

JR東海は東海道新幹線で今年3月から6月の間に4万1769本の臨時列車を運転すると発表しました。中でも注目されるのが、3月18日のダイヤ改正で新設される新横浜発新大阪行きの「のぞみ491号」です。

1992年に運転を開始した「のぞみ」号で新横浜駅始発の列車が運転されるのは初めてです。相鉄・東急直通線「新横浜線」が開業し、新横浜駅へのアクセスが向上するのにあわせて設定されました。

利用客の多い土曜日や月曜日を中心に運転され、午前6時3分に新横浜駅を出発し、新大阪駅には従来の列車より6分早い午前8時6分に到着します。

運転初日の3月18日には新横浜駅から普通車指定席またはグリーン車を利用した人に記念乗車証を配布するということです。

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • JR東海 新横浜駅始発臨時「のぞみ」号が3月初登場 運行初日は記念乗車証も配布