日テレNEWS
社会
2022年6月17日 21:44

【天気】九州南部と奄美で大雨のおそれ 土砂災害に警戒を

【天気】九州南部と奄美で大雨のおそれ 土砂災害に警戒を

17日(金)は西日本を中心に気温が上がり、30℃以上の真夏日の所が続出しました。また、東京都心でも午後に日差しが届くと28℃まで上がって、4日ぶりに25℃以上の夏日となりました。

18日(土)も暑くなる所が多く、湿度も高くなりそうですから、熱中症に警戒が必要です。

《18日(土)の天気》

活発な梅雨前線の影響で、17日(金)夜から18日(土)朝にかけて、九州南部と奄美で激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。土砂災害に警戒するほか、低い土地の浸水や川の増水、落雷、突風に注意が必要です。

18日(土)は梅雨前線がやや北上してくるため、四国や東海に雨の範囲が広がり、夜遅くには関東でも雨の降り出す所があるでしょう。

また、北海道では大気の状態が不安定で、午後は急な雷雨にご注意ください。

日中は日差しの出る所を中心に、30℃以上の真夏日になる見込みです。また、曇りがちの地域でも30℃近くまで上がる所が多く、蒸し暑くなるでしょう。

《週間予報》

19日(日)は東日本では朝まで雨で、その後も大気の状態が不安定となるため、急な雷雨の可能性があります。また、北日本でも引き続き大気の状態が不安定で、前日よりさらに雷雨の可能性が高まりそうです。

週明け以降も雲優勢の梅雨空が続き、気温も高めの予想ですから、熱中症に厳重な警戒が必要です。

一方、沖縄では来週前半にも梅雨明けの発表がありそうです。