×

  • 日テレNEWS NNN
  • 社会
  • 災害級の大雨に警戒 徳島で6月“観測史上最大”の雨量 道路が川に…高架下が冠水

災害級の大雨に警戒 徳島で6月“観測史上最大”の雨量 道路が川に…高架下が冠水

2023年6月2日 17:27

各地で大雨となっています。2日朝に「線状降水帯」の発生が発表された高知県西部にある土佐清水市では、3時間の雨量が観測史上1位となる213.5ミリを観測しました。徳島県内では5つの観測地点で、6月の観測史上最大となる雨量を観測しています。徳島市では大雨により高架下の道路が冠水し、通行規制が行われました。

宮崎県延岡市では、住宅地にある擁壁が幅30メートルにわたって崩落しました。けが人などはいないということです。石川県津幡町では、のり面が崩落し、道路をふさぎました。

台風2号からの湿った風が梅雨前線を刺激。広い範囲で大雨災害の危険度が高まり、気象庁は2日午後3時時点で、22府県に「大雨警報」を発表しています。また、気象庁は、和歌山県北部、奈良県南部、三重県南部などで線状降水帯が発生したと発表しました。また、午後4時の時点で、和歌山県の海南市、紀美野町、広川町、九度山町で警戒レベル5の「緊急安全確保」が出されています。

3日にかけて、関東甲信でも線状降水帯が発生するおそれがあり、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。

※詳しくは動画をご覧ください。(6月2日放送『news every.』より)